夢が表す事

投稿者: | 2017年4月22日

最近変な夢をよく見る。
自分の部屋で目覚め、外出をする準備をし、ある場所へ向かう。
自分がいつも通勤で降りる終点のさらに一つ先の駅で降りる。
そして改札をでたところで現実世界で目覚める。
それがまた妙にリアルで、夢の中で考えてたこと以外は全部目が覚めても覚えているんだ。
不思議なのはそれだけじゃないんだ。
最初の間こそ満員電車だったんだが、毎日少しずつ乗客が減っていってる。
今では最初の半分よりちょっと多い、といったところだ。
その中の何人かは知り合いだし、通勤途中に見かける顔もいくつかある。
別に夢の中でいなくなった人が現実で死んだり、病気になったりしたこともない。
ただ、ワーカホリックになってこんな夢を見るんだと思ってた。
でも最近、会社が移転することを聞いて、少し不安になってきた。
移転先がちょうど夢で行く駅の付近だからだ。
今のところは新しい駅ができるという情報はないし、移転先もここから歩いて行けない距離ではない。
しかし、言い知れぬ不気味さを感じ、私は夢が怖くなった。
夢を見ることが怖くなったといったほうが正確かもしれない。
まるで夢が現実に伝播しているような気がしてきたのだ。
体調も顧みず、できるだけ長時間は眠らないようにしてはいるが、夢の進行は止まらない。
今では世界地図が半分ほど変わってしまった。
今になって、私はこの話を記録しなければならないと思った。
私が記録している部屋のすぐ外で
駅の延長計画を唱える候補者演説が鳴り響いている。