そばアレルギー

投稿者: | 1970年1月1日

いつも来ない曜日に甥っ子がやってきた。

どうしたの?ママいないの?
いるよ。買い物行った。

これは、喧嘩か?と思ったけど、どうやら違うようだ。

友達のとこへ遊びに行くはずだったのにさ、ちょー腹立つ。給食にそばが入っていたから今日は遊びに行っちゃダメだって。
成程。

甥っ子はアトピーがある。父親はそばアレルギーだ。
検査したのかどうかは知らないけど、ずっとそばは避けてきた。
食べ物アレルギーは怖い。特にそばとピーナッツはイメージが悪い。
やり過ぎなような気もするが、アナフィラーキシーショックを避けるために、蜂がいるところも避けて歩いている。
そんな中、どういうわけか給食のメニューに入っていたらしい。

とは言え、夕方の4時過ぎだ。
そばアレルギーは症状が出るのが早いし、そんな呑気なものではない。
給食食べて3時間半もたっているのに、今更出ないぞ。とは思っても言えず、なんとなく手足を観察。
特に気になる湿疹も出ていないようだし、やはりもう症状は出ないだろう。

それより咳が気になる。
風邪をひきはじめているようだ。
どういうわけか、いつも酷くなるまで病院に行かない。
お願い、熱出してこないでよね。

予感的中、翌日は熱出して学校休み。
午後から我が家で預かることに。